第1回フォーラム開催レポート

academic201602

#04

多くの注目を集める中、2016年2月7日ついにその全貌を明らかにした「アカデミックフォーラム」。
記念すべき第1回は【物理療法】をテーマに据えて行われました。
当日の様子とともに、普段語られることのない開催に至るまでの軌跡をレポートいたします。

 

 

第1回フォーラムに秘められた思いと当日の様子を、4つの視点からレポートします。
今回は、フォーラムの裏側をご紹介致します。

 

 

#04『フォーラムの舞台裏!』

《こぼれ話①~業者との関わり》

今回、物理療法というテーマに即して、物療機器メーカーさんにご協力をいただきました。
“近くて遠い物理療法”を少しでも身近に感じられるよう、その道のトップのご指導のもと、実際に触れていただける機会を設けたかったのです。
この願いを実現するにあたり、伊藤超短波㈱様にはその趣旨をご理解いただき、多大なるご協力を賜りました。
また、㈱チューオー様においては、資料のご提供とともに、フォーラムへのご参加も賜りました。
この場にて改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。IMG_4026IMG_4021

 

 

 

アカデミックフォーラムには、テーマそのものだけでなく、+αの学びや気付きをご提供する狙いがあります。

今回は、こうした「業者との関わり」についてもヒントを得ていただきたいと考えていました。
医療現場にありがちな、専門職>業者の構図ではなく、世に言われるWinWinの関係を築くことで、双方に思いやりが生まれ、気持ち良くメリットを創出できるようになる可能性が、まだまだいくらでも埋もれている筈です。
一方通行ではない、双方向の関係性の構築は、ひいては社会性を豊かに育むことにも繋がり、我々専門職の社会進出にも大きく役立ちます。
各種セミナーとは一味違った視点、切り口は、アカデミックフォーラムならでは。
そこまでの狙いを秘めて企画・開催することに、アカデミックフォーラムの真の意義が存在すると自信を持っています。
アカデミックフォーラムで、いくつの+αに気付き、吸収できるか?ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

IMG_4024 IMG_4023

 

 

 

《こぼれ話②〜会場選び》

アカデミックフォーラムのこだわりのひとつに、会場選びがありました。IMG_4044一般的なセミナーでは、会議室仕様の会場が多く利用されていると思われますが、アカデミックフォーラムは、各種パーティーや披露宴も開催できる、格調高い会場を選定しています。

医療専門職は、勉強熱心で真面目な方が多いイメージが強いですが、裏を返せばアソビ心や洒落っ気にやや乏しいという印象でもあります。正装と言えば、リクルートスーツで何でも賄ってしまうような…

これからの時代、社会できちんと認識されることも、活躍のための条件ではないでしょうか。TPOを弁え、中身はもちろん外見的な魅力も備えることで、他人が受ける印象は変わり、印象が変われば対応も違ってきます。

kobe004
病院では白衣を身にまとい、私服に大して気を遣うことがなくとも問題ないかも知れませんが、社会進出を真剣に考えると、洗練されているに越したことはありません。
アカデミックフォーラムにご参加くださる際は、外見磨きという点でも、是非「自分への挑戦」を!新しい自分に出会えると、世界は広がりますよ!!
 

 

 

《まとめ》

第1回は、決して大規模なものではありませんでしたが、今後のブレない方向性に自信を持てたという意味では、大成功と言って差し支えないと自負しています。 「フォーラム」というスタイルとは言え「研修」のイメージが先行しているかと思われますが、知識や技術などの学術的な学びの企画のみならず、専門職としての意識や社会性に至るまで、あらゆる面でハイレベルなセラピストを目指すことを目的として、これから様々な企画を打ち出して参ります。
「アカデミックフォーラムに行くと、想像を超えたワクワクに出会える!」その期待に必ずやお応えいたします!今後も、ご注目ください!!

 

academic continued

 

 

第1回フォーラム開催レポート 記事一覧